2018年11月9日:先送りの究極の結果は”死”

人生は短く、 時は速やかに過ぎる。
今年も残り52日(本日を含めて)、東京オリンピックまでは621日。

今日の名言シャワー
先送りの究極の結果は”死” 」(マイケル・ボルダック:カナダの目標達成コーチ)

今日の名言、今、読んでいる「行動の科学」と言う本に掲載されている言葉。

かなり刺激的な表現だが、実に的を射ていて言い得て妙だ。

行動力と決断力の欠如でなかなか腰が上がらなかった自分にとって、

日々反芻したい言葉の一つだ。

すぐに行動に移せない原因はなんだったのだろう?

自問してみた。

現状維持バイアスが働いてしまっていたということが一つありそうだ。

現状を維持する方がなんやかんやと言って、楽、新しい事をすることには痛みを覚えてしまう。

同じよう事だが慣性の法則的なものも作用していたのかもしれない。

止まった状態から物を動かす際には大きなエネルギーを必要とする。

そのエネルギーの元となるモチベーションのようなものが希薄ということもあっただろう。

もう一つ、やはり自分自身に対する信頼感の欠如、自己効力感の欠如と言う点も大きな要素だ。

結果にコミットできないから二の足を踏んでしまう。

メンタルブロック、リミッティング・ビリーフが邪魔をする。

etc.

まだまだありそうだが、分析だけでは意味がない。

それこそ、「行動」が必要だ。

先送りしてしまう自分をすぐやる自分に変えていかなければ、未来はない。

では、どうすればいいのだろうか?

まず、すべきは、自分は行動力がない、決断力がない等の負のラベルを剥がす事だ。

負のラベルがある限り変えることはできない。

言葉は感情を生み出します。
感情は行動を生み出します。
行動は結果を生み出します。

「行動の科学」の一説。

アファメーション(「行動の科学」ではインカンテーションと言う言葉が使われている)、自己肯定は必須だ。

これなくしては始まらない。

行動した結果のビジュアリゼーションも重要だろう。

ウキウキワクワクするようなより具体的なイメージを描く事だ。

生き直しを始めて約2年、

もっと若い頃にいろいろ気づいていれば、、、と後悔の念も深い。

が、

残された人生はうまくいけばあと十数年はある。

人生これからだ。

先送りをしなくなれば短くとも以前より密度の濃い人生をこれから歩める。

そう考えると、

WukiWukiWakuWakuしてくるから不思議なものだ。

言葉は感情を生み出します。確かに。

よし、今日も、人生を、楽しもう!

日経225先物トレード結果

《日経225先物ミニメジャー限月5分足チャート》
(移動平均線:短75本、中225本、長675本)

システムトレード結果


2007年後半よりエクセルで開発開始。シストレ運用は1に辛抱、2に辛抱、3、4は忍耐、5に辛抱、、、実感。


《結果概要》
◆5分足自動売買(CTW_DT)

ノーサイン

◆5分足自動売買2(CTW_DT_V2)

22120円買い(17:25)が22135円夜間引け(5:30)で+15円

◆日足日中寄引(DUD_NC)

ノーサイン

◆日足夜間寄引(NUD)

22220円売り(16:30)が22135円夜間引け(5:30)で+115円

◆5分足スウィング(CTW_SW)

2018/3/15、ドローダウン1500円オーバーで取引断念。
2月~3月中旬にかけての短周期ボラ大局面に対応できず。


米国は3市場、225先物、全て下落。

5分足V2、22000円を切ってくると危なかったが、

なんとか最大ドローダウン更新を回避。

来週も一時の結果に一喜一憂することなくシステムを運用していこう!


《結果詳細》

システム略称 DUD_NC NUD CTW_DT CTW_DT_V2 CTW_SW
TOTAL
当日 売買サイン
仕掛価格 22220 22120
決済価格 22135 22135
決済方法 引成
損益額 0 85 0 15
当月 損益額 -300 -35 -210 -270 0
利益額 5 370 90 180 0
損失額 -305 -405 -300 -450 0
取引数 3 5 3 5 0
利益数 1 3 1 2 0
損失数 2 2 2 3 0
引分数 0 0 0 0 0
平均損益額 -100.00 -7.00 -70.00 -54.00
平均利益額 5.00 123.33 90.00 90.00
平均損失額 -152.50 -202.50 -150.00 -150.00
勝率 33.33 60.00 33.33 40.00
PF 0.02 0.91 0.30 0.40
POR 0.03 0.61 0.60 0.60
当年 損益額 1605 3400 130 340 -475
利益額 8020 11455 8900 9685 2385
損失額 -6415 -8055 -8770 -9345 -2860
取引数 115 149 137 145 144
利益数 57 75 57 62 121
損失数 57 68 80 82 23
引分数 1 6 0 1 0
平均損益額 13.96 22.82 0.95 2.34 -3.30
平均利益額 140.70 152.73 156.14 156.21 19.71
平均損失額 -112.54 -118.46 -109.63 -113.96 -124.35
勝率 49.57 50.34 41.61 42.76 84.03
PF 1.25 1.42 1.01 1.04 0.83
POR 1.25 1.29 1.42 1.37 0.16
通算 損益額 79240 21845 30615 29970 30725
利益額 187875 73320 81540 87540 73025
損失額 -108635 -51475 -50925 -57570 -42300
取引数 2934 1522 1301 1416 945
利益数 1670 791 703 759 504
損失数 1188 679 581 638 439
引分数 76 52 17 19 2
平均損益額 27.01 14.35 23.53 21.17 32.51
平均利益額 112.50 92.69 115.99 115.34 144.89
平均損失額 -91.44 -75.81 -87.65 -90.24 -96.36
勝率 56.92 51.97 54.04 53.60 53.33
PF 1.73 1.42 1.60 1.52 1.73
POR 1.23 1.22 1.32 1.28 1.50
最大損益額 79540 22430 31220 31050 32290
現在ドローダウン 300 585 605 1080 1565
最大ドローダウン 1365 1200 1125 1125 1565

(注)

●日経225先物についてはこちら
●システムトレードについてはこちら
●運用している各システムの仕様・過去成績についてはこちら
●売買サインがスペースの場合はノーサイン。
●CTW-SWは1日に複数回トレードの可能性有。
●損益はシステム上のマージンベース。手数料、スリッページは未控除。
●1トレード当たりの実質損益は

先物ラージ1枚でのトレードであれば
(マージンベース損益 - (手数料 + スリッページ))× 1000
ミニ1枚であれば
(マージンベース損益 - (手数料 + スリッページ))× 100

平均的な(手数料+スリッページ)はマージンベースで、
1トレード当たりDUD_NCとCTW_DTで3~4円前後、CTW_SWで7円前後。
マウスコンピューター/G-Tune





裁量トレード結果


裁量デイトレードは性格的にも年齢的にも向いていないが、シストレを補完する目的でストレスフリーでシステマティックな裁量トレードが出来ないものかと模索中。


ノートレード

主要指数サマリー

●日経225先物
セッション 日中 夜間
始値 22420 22210
高値 22490 22210
安値 22220 22000
終値 22270 22140
前日比 -230 -290
終-始 -150 -70
高-安 270 210
NT倍率 13.32 13.31
●日経225先物ミニ
セッション 日中 夜間
始値 22420 22220
高値 22485 22220
安値 22215 22005
終値 22270 22135
前日比 -225 -285
終-始 -150 -85
高-安 270 215
NT倍率 13.33 13.29
●TOPIX先物
セッション 日中 夜間
始値 1680 1668
高値 1687 1668.5
安値 1668 1654.5
終値 1672 1664
前日比 -9.5 -15
終-始 -8 -4
高-安 19 14
●TOPIX先物ミニ
セッション 日中 夜間
始値 1680 1672
高値 1686.5 1672
安値 1668 1654.5
終値 1671 1665.25
前日比 -10 -15.5
終-始 -9 -6.75
高-安 18.5 17.5
●NYDOW
始値 26149.11
高値 16161.49
安値 25882.91
終値 25989.3
前日比 -201.92
終-始 -159.81
高-安 -9721.42
●NASDAQ
始値 7468.51
高値 7474.34
安値 7349.49
終値 7406.9
前日比 -123.99
終-始 -61.61
高-安 124.85
●S&P500
始値 2791.1
高値 2794.1
安値 2764.24
終値 2781.01
前日比 -25.82
終-始 -10.09
高-安 29.86
●CME 日経225
始値 22460 22445
高値 22500 22485
安値 22025 22010
終値 22150 22125
前日比 -330 -335
終-始 -310 -320
高-安 475 475

心トレ・体トレ・脳トレ


2016年6月よりメンタルトレーニング開始。
2017年9月より自宅筋トレ開始。
2018年4月(76kg)よりダイエット中、ターゲットは69㎏前後。2018年10月目標達成。
2018年11月より第2フェーズ。68㎏まで一旦落とし、その後、68~69㎏を維持していく。
2018年11月より脳トレ、音読トレ開始。


【体重】 70.1㎏
【BMI】 22.23
【血圧】
【有酸素運動】
・ウォーキング
・エアロバイク 9km
【ルーティントレーニング チェックリスト】
・呼吸法 〇
・ストレッチ(ヨガ)〇
・眼筋トレ 〇
・表情筋トレ 〇
・舌筋トレ 〇
・軽量ダンベルサーキットトレ 〇
・名言シャワー 〇
・元気ソングシャワー 〇
・アファメーション 〇
・発声 〇
・早口言葉 〇
・脳トレ(25マス探し) 18秒
・速読トレ 「NO.1理論」〇
・音読トレ(日本語スピーチ)「あいさつスピーチ実例BOOK」 〇
・音読トレ(英語) 「会話できる英文法大特訓」
【筋トレ】
・べンチプレス
重量 75㎏
回数 10
重量 85㎏
回数 8,6,6
重量 75㎏
回数 10

《ボディメーカー マルチラック2》

《アイロテック バーベルセット》

絵トレ


2018年7月より独学絵トレーニング開始。
当面の教材は以前購入したもののほぼ眺めていただけだった森田健二郎氏、永沢まこと氏、西丸式人氏、田中己永氏等の書籍及びHP。


読書トレ

「アドラー珠玉の教え」(永江誠司著:講談社プラスα新書)

副題は「自分の人生を最高に生きる77のヒント」

個人心理学の創始者アルフレッド・アドラーの教えの特徴を、

「劣等感」
「目的論」
「自己決定論」
「共同体感覚」
「ライフスタイル」
「ライフタスク」
「勇気づけ」

という7つのキーワードに分類、

キーワード毎にわかり易く説明がなされている。

手軽にアドラー心理学の全体像を把握でき、生きる為のヒントも得ることができる好著だ。

アドラーは「劣等感を克服する事で人は成長を遂げる。」としている。

人間は劣等感を持っているからこそ、それを補償するために、体を鍛え、勉強し、各種能力を上げようと努力する。

まさしく、、、「劣等感は武器になる」ということだ。

コメントの入力は終了しました。