B.心房細動

B.心房細動

心房細動:コンテンツ一覧

運営者は2013年の秋に心房細胞との診断を受けました。 しかし、当時は事の重大さ(脳梗塞や心筋梗塞の大きな要因の一つということ)を軽視してしまい手術はせずそのまま放置プレイ。 主治医からは手術をしても1回の手術ですまないこともあ...
B.心房細動

かくれ心房細動を「血圧計」で早期発見、脳梗塞から命を守ろう!

↑「心房細動:コンテンツ一覧」へ戻る 血圧計と言えば健康管理の必須アイテムの一つ。 その血圧計も日々進歩を続け、有難いことに最近のモデルにはいろいろ付加価値の高い機能が付加されています。 その中で心房細胞の早期発見の武器と...
B.心房細動

心房細動:心筋焼灼術(カテーテルアブレーション)数の多い病院ランキング

↑「心房細動:コンテンツ一覧」へ戻る 下の表の出典は「手術数でわかるいい病院 2018 」(週刊朝日ムック)です。 元の表は心房細動以外の心筋焼灼手術も含んだ術数のランキング表でしたので、データ中の心房細動の心筋焼灼術数をキ...
B.心房細動

心房細動手術からもうすぐ4年、自分でできる範囲での再発予防策を実践中。

↑「心房細動:コンテンツ一覧」へ戻る アブレーション手術から1年2か月が経過しました。 お陰様で現在のところ再発の兆候はありません。 (注)2020.10.22加筆。現在、3年9カ月経過。再発の兆候はありません。 ...
B.心房細動

心房細動:カテーテルアブレーション体験者からのアドバイス②:カテーテルアブレーション手術を受ける方へ

↑「心房細動:コンテンツ一覧」へ戻る 最善の状態で手術に臨む為に私が手術前にしておいた事、そして入院中に留意した事等について参考になるかどうかはわかりませんが一応記述しておきます。 手術前にしておいた事、しておきたい事 造影剤アレ...
B.心房細動

心房細動:カテーテルアブレーション体験者からのアドバイス①:心房細動と診断された方へ

↑「心房細動:コンテンツ一覧」へ戻る 心臓細動と診断されてから約3年が経過、今回、心房細動カテーテルアブレーション手術を無事に終える事ができました。 私の場合は慢性化してからの手術ということで1回目の手術での完治率は40%と言わ...
B.心房細動

心房細動:カテーテルアブレーション手術体験記(ブログ)③:術後・退院後~一応完治

↑「心房細動:コンテンツ一覧」へ戻る 退院後の体調、検査、定期健診の備忘録です。不定期になりますが、更新していきます。 退院3日目 手術痕は出血もなくかつ痛みも無く順調な経過です。 穿刺痕については術中、術直後~現在とほとん...
B.心房細動

心房細動:カテーテルアブレーション手術体験記(ブログ)②:入院~手術~退院、手術費用

↑「心房細動:コンテンツ一覧」へ戻る 時の経過は早いものであっという間に入院日前々日。 指示通り、「ペプリコール」服用中止。 入院日前日、術後の腰痛対策の為に90分程マッサージを受けておきました。 入院期間ですが...
B.心房細動

心房細動:カテーテルアブレーション手術体験記(ブログ)①:発症~入院直前

↑「心房細動:コンテンツ一覧」へ戻る 発症~ 事の発端は2013年秋、地元のハーフマラソンに出場した時でした。 スタートして3㎞前後で普段とは異なる息苦しさを感じ、大事をとってレースを中断。 後日、かかりつけの病院を受診。 ...
B.心房細動

心房細動:概要、原因、症状、治療法(カテーテルアブレーション等)

↑「心房細動:コンテンツ一覧」へ戻る 既述内容は、患者として医師から説明を受ける際にこれくらいは知っておいた方がいいかなという思いで調べたものです。 あくまでもアウトラインです。その旨ご了承下さい。 心房細動とは 英...
タイトルとURLをコピーしました