金谷の「さすけ食堂」のアジフライが、、、旨すぎる!

ランチドライブ、今回はHPで評判の良かった金谷の「さすけ食堂」の黄金アジフライを求めて家内と内房方面へ。

さて、「さすけ食堂」、地図では金谷港と鋸山の間に店が存在することになっています。
その辺は館山方面へのドライブで何十回も通っているのですが、「さすけ食堂」の存在には今まで全く気づいていませんでした。

金谷港にあるレストラン「ザ・フィッシュ」を通り過ぎて、そんな店あったかなあ~と半信半疑で海側をちらちら見ていると、、、ありましたありました、なんともこじんまりとした店が。

これでは今まで気づかなかったのも無理はない。
おせいじにもきれいとは言い難い佇まい。

これが小さな巨人、「さすけ食堂」の外観です↓
東京方面から来た場合は海側、右サイドに
p1010031
鋸山方面から見ると、、、
p1000938
店内はカウンター席が8~10席くらい。(後で調べたら奥にテーブル席が1つあるようです。)
ちょうどカウンターが2席空いていたので待たずに着席。ラッキー。

早速、私がアジの刺身とフライの両方が味わえる「さすけ定食(1500円)」を注文。
家内も当初は「さすけ定食」にするつもりでしたが、メニューにあった「カジメラーメン」という見慣れない名前に反応、カジメなんぞやということで好奇心から「カジメラーメン」を注文。

さりげなく周りを見回すと、他のお客達が旨そうに黙々と黄金アジの刺身とフライを口に運んでいます。
旨そうだ、、、この為に今日は朝食を抜いてきている。ベロを出してゆだれを流しながらお預けをくらっているワンコ状態。

そして待つこと10分少々、目の前に運ばれてきた待望の「さすけ定食」が、、、これだ!↓
p1000933
まず、肉厚のアジの刺身をいただく、、、こんなに新鮮で、ジューシーなアジの刺身を食した事は今までになかった、、、旨~~~い、旨すぎる。

そして黄金のアジフライ。

アジフライは開きにして揚げるが一般的ですが、黄金アジは通常のアジに比べて大きいので、ここではぶつ切りで揚げられています。

そのぶつ切りのアジフライを口に運び、噛んだ瞬間、、、サクサクとした衣の食感となんともジューシーな肉厚な黄金アジの旨みが口いっぱいに広がる。感動もの。思わずほほが緩みます。

アジフライでこんなに幸福感に浸れるとは、、、恐るべし、、、「さすけ食堂」。
今まで、食してきたアジフライは一体何だったんだろう、、、ここの黄金のアジフライは全く別物でした。
たぶんこのフライを知ってしまうと他のアジフライは食べられなくなるかな。
それ程、、、完璧、非の打ち所がない。

このブログを書いている今でも車を飛ばして食べに行きたくなるくらいで。

そして家内の注文したカジメラーメンがこちら↓
p1010028
カジメは本州中部太平洋側と九州北部に分布する海藻。麺にはカジメが練りこまれています。
食してみる、、、カジメの磯の香りとさっぱりしたやさしい塩味、そしてゴマ油の香りが絶妙な相性でこれまた旨い、こちらもボリュームたっぷりでお薦めの一品です。

「さすけ食堂」恐るべし、黄金のアジフライ、そしてカジメラーメン、、、超おすすめであります!

店舗情報

所在地

〒299-1861
千葉県富津市金谷2193-5
TEL:0439-69-2123
tuyako@sasukeshokudou.com
地図はこちらから

営業時間

■月・金・土・日
AM10:00~
※天候等仕入れにより臨時休業有り

アクセス

館山自動車道金谷ICから5分
内房線JR浜金谷駅から徒歩3分
東京湾フェリーから徒歩5分

ホームページ

さすけ食堂HPはこちら

追記

某テレビ番組で「県外からでも行きたくなる店ランキング」でNO.1を獲得していました。納得。しかし、HPによれば放送後、大混雑で大変なことになっているようです。お店のスタッフの皆さん、お体にお気をつけて!

コメントの入力は終了しました。