元気が出る言葉(名言):思いやりと謙虚さ、より良い人間関係構築の為のキーワードだ!


↑「元気が出る言葉(名言):コンテンツ一覧」に戻る

私は人間関係に関しては、どちらかと言えば苦手な方なのでどうのこうの言える立場ではありません。

が、敢えて言わせていただければ、良好な人間関係を築く為のキーワードは「思いやり」と「謙虚さ」なのではないかと思います。

人間関係に悩んだ時は次の2つの言葉を思い出すといいかも知れません。

人の心は皆違う。

人はあなたに反対なのではなく、自分に賛成なだけなのだ。

人の価値観はそれぞれです。完璧に一致することはまれだと思います。

少し引いて上から俯瞰してみれば少し楽になって違ったアプローチができるかもしれません。

ここでは、良好な人間関係を築く際のヒントになるような先人達の言葉を集めてみました。

Contents

人の心は皆違う。

(ことわざ)

人付き合いがうまいというのは、人を許せるという事だ。

(ロバート・フロスト:アメリカの詩人)

人はあなたに反対なのではなく、自分に賛成なだけなのだ。

(ジーン:ファウラー)

生き、生かせしめよ。

(ことわざ)

間の垣根は友情を新鮮に保つ。

(ことわざ)

嘘はいつまでも続かない。

(ソクラテス:古代ギリシャの哲学者)

己の欲せざる所を、人に施すことなかれ。

(論語)

垣根は相手が作っているのではなく、自分が作っている。

(アリストテレス:古代ギリシャの哲学者)

弱い者は、許すことができない。許すことができるのは、強い者だけだ。

(マハトマ・ガンジー:インドの思想家)

山は山を必要としないが、人は人を必要とする。

(スペインのことわざ)

広く好かれれば好かれるほど、深く好かれないものだ。

(スタンダール:フランスの小説家)

他人の利益を図らずして自ら栄えることはできない。

(アンドリュー・カーネギー:アメリカの実業家)

自分の能力を認められたいなら、人の能力を認めてやる必要がある。

(ゲーテ:ドイツの詩人)

自然は人間に1枚の舌と2つの耳を与えた。だから人は話すことの2倍だけ聞かねばならない。

(ゼノン:古代ギリシャの哲学者)

賢き人は聞き、愚か者は語る。

(ソロモン:古代イスラエルの王)

あなたが生まれた時、周りの人は笑ってあなたは泣いていた。だから、あなたが死ぬ時は、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生を送りなさい。

(ネイティブアメリカンの言葉)

われわれを救ってくれるものは、友人の助けそのものよりというより、友人の助けがあるという確信である。

(エピクロス:古代ギリシャの哲学者)

自分より身分の低い人に接する接し方に、人の偉大さは現れる。

(トーマス・カーライル:英国の評論家)

真理の矢を投げるなら、その先端を蜜に浸せ。

(アラブの言葉)

人は一人である時いちばん強い。

(吉田絃二郎:劇作家)

自分だけがしゃべっていないか、いつも気を配りなさい。誰かを退屈させているかもしれないから。

(ヘレン・G・ブラウン:アメリカの作家)

コミュニケーションの極意とは、ここぞという時に的を射た発言をするだけでなく、言ってはならない事を言ってしまいたい衝動を抑える事である。

(ドロシー・ネビル:イギリスの著作家)

敢えて馬鹿にみせるということは大きな知恵である。だが、その為には私にはいつも欠けていたある種の勇気を必要とする。

(アンドレ・ジッド:フランスの小説家)

人間関係について私が学んだ最も大切な教訓を要約すれば、まず相手を理解するように努め、その後で自分を理解してもらうようにしなさいということである。この原則が、人間関係における効果的なコミュニケーションの鍵なのである。

(スティーブン・コヴィー:アメリカの経営コンサルタント)

↑「元気が出る言葉(名言):コンテンツ一覧」に戻る

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。