TUBEの「BEST of TUBEst ~ ALL TIME Best~」中のスローバラードから元気をもらう!

昨日(2019/10/5)、いなげの浜が白砂に生まれ変わったというので稲毛海岸公園を訪れてみました。

オーストラリアの砂を使用するということでゴールドコーストのような明るい白を期待していったのだが、少々グレーがかっていて印象としてはかなり微妙、残念。

10月だというのに真夏のような日差し、公園では上半身裸のジョガー達が行き交い、ツクツクボウシまでが元気いっぱいに鳴き、花壇では白や黄色の蝶々が気持ちよさそうに舞っていました。

いなげの浜のお隣の検見川の浜では、色とりどりのセールを操るウィンドサーファー達が海面を埋め尽くしていました。

秋なのに、春のような、夏のような、蝉や蝶、そして人間までも大混乱。

年々季節感が薄れていく感じです。

あと何十年かで「四季」という言葉も死語になってしまうのかもしれませんね。

大好きな夏もあっという間に過ぎ去り一抹の寂しさを味わっている今日この頃。

若い頃のように海で強烈な太陽の光を浴びながら波と戯れるようなことはなくなりましたが、相変わらずの夏好きは変わりません。

夏の早朝、清々しい空気と青空の下、朝日を浴びた樹々を愛でながらのウォーキングタイムは私にとっては貴重な癒しの時間です。

残念ながら、今夏は天候不良だったせいで至極の時間をあまり味わうことができず、少々消化不良気味で65回目の夏も終わってしまいました。

あと何回、夏を味わうことができるのか?

来年は夏らしい夏を味わいたいものです。

さて、私のウォーキングタイムのBGMはほとんど山下達郎なのですが、今年はTUBEのラブバラードがお供。

TUBEのデビューは1985年、当方はもう30台に突入していたので、テレビで流れてくる「シーズンインザサン」「夏を抱きしめて」「あ~夏休み」等の代表曲以外はあまり聞いたことがありませんでした。

夏直前、TSUTAYAでウォーキング用ミュージックを物色中、4枚組のアルバム「BEST of TUBEst ~ ALL TIME Best~」が目に入り、そう言えば「夏と言えばTUBE」だったなと思いレンタル、DISC3を聞いて、年甲斐もなくスローバラードに嵌ってしまいました。

「帰り来ぬ青春」へのノスタルジー?、、、なのかもしれません。

DISC3に収録されている次の12曲(歌ネットにリンク)、人生の応援歌というわけではありませんが、なかなかパワーをもらえます。

Remember Me
Stories
十年先のラブストーリー
君となら
抱きしめてAgain
もう負けないよ
Purity ~ピュアティ~
きっとどこかで
風に揺れるTomorrow
プロポーズ
a song for love
最後のLove Song

どの曲もいい曲だと思いますが、勝手にランキングさせていただければマイベスト7はこんな感じになるのかな。

風に揺れるTomorrow

最後のLove Song

抱きしめてAgain

残念ながらYOUTUBEにアップされているのはカバーのみ。

a song for love

プロポーズ

君となら

十年先のラブストーリー

TUBEの元気いっぱいの曲は確かに夏向きだが、スローバラードに関しては季節を選ばない気がする。

ここしばらくはウォーキングのよきパートナーでいてくれそうです。

タイトルとURLをコピーしました