B.システムトレードナビ

B.システムトレードナビ

システムトレードナビ:コンテンツ一覧

01.概略 01-01.システムトレードナビ:概要:システムトレードのメリットとデメリット 01-02.システムトレードナビ:概要:システム開発手順 02.売買戦略プランニング 02-01.システムトレードナビ:売買戦略プランニ...
B.システムトレードナビ

システムトレードナビ:支持線、抵抗線、トレンドライン等を利用した売買手法

↑「システムトレードナビ:コンテンツ一覧」へ戻る 上値抵抗線と押し目、下値支持線と戻り目を利用した売買手法 この2つ手法はダウ理論を根拠としたトレンドフォローエントリーの代表的な売買手法です。 上値抵抗線と押し目を利用した買い ...
B.システムトレードナビ

システムトレードナビ:押さえておきたい代表的チャートパターン

↑「システムトレードナビ:コンテンツ一覧」へ戻る 株価が天井や底を打つ時もしくは保ち合い相場の値動きにはいくつかの典型的なパターンがあります。 売買タイミングを掴む為にはそのようなチャートパターンの分析は欠かせません。 と...
B.システムトレードナビ

システムトレードナビ:ダウ理論(Dow Theory)によるトレンド分析

↑「システムトレードナビ:コンテンツ一覧」へ戻る 裁量トレードにせよシステムトレードにせよ、まずすべきは相場のトレンド分析です。 相場が上昇局面なのか、それとも下降局面なのかを判断するには安値(サポートポイント)と高値(レジスタ...
B.システムトレードナビ

システムトレードナビ:グランビルの法則(Law Of Granville)

↑「システムトレードナビ:コンテンツ一覧」へ戻る 移動平均線を考案したことでも知られる米国のチャート分析家ジョゼフ・E・グランビルが考案したグランビルの法則。 売買判断手法として、あまりにも有名ですので敢えて触れる必要はないのか...
B.システムトレードナビ

システムトレードナビ:システムトレード(自動売買シストレ等)で勝てない原因(理由)といかにすれば勝てるのかを探る。

↑「システムトレードナビ:コンテンツ一覧」へ戻る エクセルでトレードシステムを自作し始めたのが2007年末、2008年後半から運用開始、そして現在に至ります。 この間、なんとか撤退せずに運用は継続してきましたが、 長期に渡り通...
B.システムトレードナビ

システムトレードナビ:バックテスト:パラメータの最適化とオーバーフィッティング

↑「システムトレードナビ:コンテンツ一覧」へ戻る 「パラメータの最適化」とは、総損益、勝率、PF、ドローダウン等のシステム評価指標を総合的に判断して最高のパフォーマンスになる変数の組み合わせを見出していくことですし、 「オーバー...
B.システムトレードナビ

システムトレードナビ:バックテスト:パフォーマンス評価時に使用する項目

↑「システムトレードナビ:コンテンツ一覧」へ戻る システムのパフォーマンス評価時に使用する項目の一覧です。 当サイトが独自に設定している項目もあります。 取引対象日 年間取引可能日数、通常は営業日日数 ▲ページトップへ...
B.システムトレードナビ

システムトレードナビ:プログラミング:エクセルシート設計例

↑「システムトレードナビ:コンテンツ一覧」へ戻る 売買戦略プランをエクセルシートに具現化していくフェーズです。 設定したENTRY条件を判定して売買サインを出す機能、決済機能、使用テクニカル計算機能、時間管理機能、資金管理シュミ...
B.システムトレードナビ

システムトレードナビ:主なテクニカル指標:平均足

↑「システムトレードナビ:コンテンツ一覧」へ戻る 概要 ローソク足よりも陽線(陰線)が連続して出現することが多いのでトレンドの方向性が見た目にも分かりやすいという特徴があります。 メリットとデメリット ・個別のバーの特異な動...
タイトルとURLをコピーしました