幕末・維新のまち下関で高杉晋作の足跡を辿ってみた!

今年のゴールデンウィークは家内の実家のある門司へ帰省しました。

千葉に戻る前々日の朝、いつものように家内の実家のマンションのベランダから関門海峡を行き交う船や対岸の下関方面をボ~と眺めていると、「そういえば、対岸の下関、唐戸市場や海響館(水族館)には2~3度足を運んだことがあるものの、唐戸エリア以外は訪れたことがないな、天気もいいし、ちょこっと散歩でもしてみるか。」という思いがふと頭に浮かんできました。

ということで、急遽、愛用のネオ一眼FZ1000をバックに入れて電車で下関駅へ↓
サンデン交通のバスのブルーが鮮やかでグッドです。

突然思いついた事なので、事前の下調べは無。
どうしたものかと駅周辺を歩いていると観光案内図を発見↓

「む、む、これだ!」ということで、今回の散歩のメインテーマを「高杉晋作の足跡をたどる」に決定し、爺散歩をスタート。

まず、下関の全貌を把握する為に高い所から俯瞰しておこうと、「海峡ゆめタワー」に上ってみる事に。

「海峡ゆめタワー」へ向かう通りは西海岸風の雰囲気でなかなかいい感じ。

それにしても車も人もほとんど見かけず。唐戸の賑わいとは別世界。↓

高さ153m、球状の展望室が特徴の「海峡ゆめタワー」はこちら↓

大人600円の入場料を支払って高さ143mの展望室へ。
いや~上って良かった。展望室からの360度のパノラマは最高でした。

下関市壇ノ浦と門司区門司を結ぶ全長1068mの関門橋↓

唐戸市場と海響館(水族館)↓

対岸の門司港レトロ↓

宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘の地、巌流島↓

眼下には下関港国際ターミナル↓

小さな島なのですが、ロンドンブーツ1号・2号の田村敦さん、俳優の山下真司さん、元プロ野球選手の宮本和知さん、そして「相棒」の内村刑事部長役でおなじみの片桐竜次さんらを輩出している彦島方面↓

日和見公園の高杉晋作像↓

等々。
一階下には展望レストランがあり、絶景を眺めながら食事ができます。

一通り下関のアウトラインをイメージできたので、タワーを下りて散歩開始、まず望遠でとらえて気になった日和見公園の高杉晋作像を目指すことに。

晋作通り沿いの200段ちょっとの石段を上る(結構しんどいです。)と日和見公園、
ゆめタワーから見えた高杉晋作像はこちら↓

この像、てっきり銅像かと思っていたのですが銅像に似せた備前焼の陶像とのこと。
昭和11年に建てられたものの第二次世界大戦中、銅ということで没収されてしまったので昭和31年に再建されたものだそうです。

地図を見ると近くに奇兵隊の母体となった久坂玄瑞一党(光明寺党)が寄宿していた光明寺があるとのことだったので寄ってみる事に。↓
松下村塾では晋作と共に「村塾の双璧」と言われ、吉田松陰が妹、文を嫁がせるほど松陰の信頼も厚かった玄瑞ですが、志半ば「蛤御門の変」で自害、享年25歳でした。

晋作通りに戻り、駅に向かって歩いていると維新の際に奇兵隊旗揚げの軍旗が奉納されたという大歳神社が↓

この大鳥居は奇兵隊をスポンサーとして支え続けた豪商白石正一郎が攘夷必勝を祈念して奉納したものだそうです。