元気が出る歌:山下達郎「希望という名の光」から元気をもらって何度でも起き上がろう!


↑「元気が出る歌」コンテンツ一覧に戻る

何を今更と笑われるかも知れませんが、還暦過ぎの爺が、
1年半前から「自分を変えて納得のいく人生を送ろう!」プロジェクトを開始。

変える為に、メントレ等いくつかのルーティンワークを自分に課し、日々それを愚直こなしています。

そう簡単には自分を変える事はできないということは理解していますので、
長いスパンで見て、少しだけでも変わってくれれば御の字というくらいの気持ちで続けています。

ルーティンの一つが「元気ソングシャワー」。

アーティスト自身の生きざま、詩、曲想etc.から、
放っておくとあっという間に消耗していってしまう心のエネルギーを充電させてもらっています。

経年で心の充電器もかなり劣化、
充電しても、すぐ電池切れになってしまうのでなかなか骨が折れます。
心の充電器、携帯の充電器のように交換するわけにはいきませんしね、
あの手この手で充電しています

最近のシャワーはこの曲がメインです。

山下達郎の「希望という名の光」。

若い頃から山下達郎の曲はよく聞いていました。
今でもドライブ時のメインBGMはアルバム「BIG WAVE」や「FOR YOU」です。

夏にピッタリの明るい曲想の歌からも元気をもらってますが、
この歌からは、なんと表現していいのでしょうか、、、
心の底から魂を奮い立たせてくれるようなパワー」をもらえる気がします。

ご存知時の方も多い曲かと思います。

歌詞の一部を引用させてもらいます。

運命に負けないで
たった一つだけの人生を
何度でも起き上がって
立ち向かえる
力を送ろう

人生に悩みや苦しみはつきもの。
人それぞれ、そのきっかけは多種多様です。

学校や仕事場でいじめられている、
仕事がうまくいかない、
人間関係がうまくいかない、
なかなか自分自身に自信が持てない、
大切な方との別離、
「老い」への不安etc.

辛い状況が長く続いてしまうと、
心が苦しみに支配されてしまいます。

そのような状況が長引けば長引く程、
抜け出すにはより大きなエネルギーが必要となってきますし、
抜け出す為に不可欠な心のエネルギーもどんどん低下していってしまいます。

もがけばもがく程状況が悪化してしまう負のスパイラル状態です。

できるだけ早い段階で、
負のスパイラルから抜け出すことが肝要です

どうすれば抜け出せるのか?

まずすべき事は、
現在の苦しみは既述しているような外的要因自体を因とするものではなく、
それら外的要因対して過剰に反応してしまっている自分の心が原因であるということに気づく事です

自分自身の疲弊した心が自分自身を追い込んでしまっている状態だという事に気づくことです。

疲弊した感情に流されてしまっている事に気づくことです。
流されている時はその事になかなか気づかないものです。

その上で、そのような感情をとにかく一旦遮断してやる必要があります。

遮断する為には、
強い意志が必要です。
そして強い意志を持つ為には低下してしまった心のエネルギーを充電してあげなければなりません

低下してしまった心のエネルギーを充電すること自体もなかなか大儀です。
そう簡単には充電はできないと思います。

この歌を聞いただけで起き上がる為のエネルギーを充電できる等というバカな事は言いません。
他にもいろいろなアプローチが必要かと思います。
ただ、日々、この歌を浴び続ければ、その一助になる歌だと確信しています

もしこの記事を読まれた方でメンタルダウン中の方、
是非、聞いてみて下さい。

歌ネットの「希望という名の光」はこちらから

倒れたら起き上がる、又、何かで倒されるかもしれない、その時は、まためげずに起き上がる

何度でも、何度でも、そして何度でも。

あきらめてはいけない。

そして希望を持って又歩き出す。

人生はこの繰り返しだと思います。

お互い、何度でもめげずに起き上がって、力強く人生に立ち向かっていきましょう!
↑「元気が出る歌」コンテンツ一覧に戻る

コメントの入力は終了しました。