お薦めのエアロバイク

↑「エアロバイクでアップ:コンテンツ一覧」へ戻る

健康維持やダイエットの為には日々のエクササイズが不可欠です。

エクササイズとしては手軽にできる有酸素運動のウォーキングやジョギングが最適ですが、悪天候の場合は実践できません。

梅雨時のように雨の日が続いてしまうとお手上げです。

その間にリバウンドしてしまい、せっかくのダイエットが台無しになってしまった等というケースも多いかと思います。

その点エアロバイクやウォーキング(ランニング)マシンが自宅にあれば問題は解決、いつでも気軽にエクササイズを行えます。

できればどちらか1台は備えておきたいものです。

ウォーキング(ランニング)マシンも魅力的ですが、かなりスペースが必要なことと、最近のマシンはモータ音がかなり静かになったとはいえ、足を着く際の振動音はかなりしますから、集合住宅等では使いにくいかと思います。

その点、エアロバイクは振動音はほとんど発生しませんし、設置スペースも小さくて済みますので気を使わなくてはならない環境の場合はエアロバイクがお薦めです

お薦めのエアロバイク

とにかくコンパクトで安価、折り畳み可能なクロスバイクタイプのお薦めは
ALINCO(アルインコ) クロスバイク

です。
運営者もこのタイプを使用していますがコンパクトな点が気に入っています。
健康維持やダイエット目的であればこれで十分かと思いますが、次のような方は他のタイプを選ばれた方がよろしいかと思います。

1.ペダルを踏む際の感触にスムーズさを求める方

電磁負荷方式ではないので惰性でペダルが回転してくれません。スムーズさに欠けます。
最近は慣れましたがジムのバイクの感覚に慣れていたので最初は違和感を覚えました。
スムーズな漕ぎ心地を求める方は電磁負荷方式のバイクをお薦めします。

2.小柄な方

折り畳みを実現する為にクロスバイクのペダルはかなり前方についていますのでペダルが踏みにくいかもしれません。
通常のアップライトタイプをお薦めします。

3.エアロバイクで筋力アップを目指すアスリート志向の方

8段階の負荷調節が可能ですが、ちょっと慣れてしまうと最大の負荷でもあまり抵抗を感じないレベルです。
スピンバイクもどきではなく本格的なスピンバイクの購入をお薦めします。

アップライトタイプ(マグネット式)の定番は
ALINCO(アルインコ) エアロマグネティックバイク AF6200

です。
体力測定機能がついています。
負荷調節等その他の基本的なスペックは上記クロスバイクとほぼ同様です。

やはり電磁負荷方式ではありませんので漕いだ時の感触は独特です。

ペダルの位置はクロスバイクより手前にありますから小柄な方でも漕ぎやすいかと思います。

アップライトタイプ(電磁負荷式)のお薦めは
ALINCO(アルインコ) アドバンスバイク

です。
ちょっと前までは安くても10万円近くしていた電磁負荷方式タイプがなんと4万円以下、かなりのコスパです。
ジムのバイクと同じ感覚でエクササイズできます。

但し、連続使用時間が30分と短めなのがちょっと気になるところです。

日常的に連続して30分以上のエクササイズを行いたい場合は、同じく電磁負荷方式で連続使用時間が60分、価格も4万円以下の
ダイコー(DAIKO)  電動マグネット式 24段階負荷 フィットネスバイク DK-4080UA

がお薦めです。

漕ぐ姿勢が楽なリカンベントもどきのクロスバイク
鉄人倶楽部(IRONMAN・CLUB) デスク 付クロスバイク

は、PCや雑誌をおけるデスク付きでながらエクササイズに最適、価格も手頃でなかなかユニークな商品です。

ついつい運動不足になりがちな受験生やデイトレーダーの方等にピッタリではないでしょうか。

まとめ

エアロバイクやウォーキングマシンでのエクササイズ、いつでも手軽にできるという点とながらエクササイズができるという点がメリットです。

テレビを見ながら、読書しながら、好きな映画のDVDを鑑賞しながら、受験勉強をしながらetc.

隙間時間を有効に活用して毎日少しずつでもいいですから必ずエクササイズを実践する習慣をつけましょう。

常日頃からそれを心掛けていればオーバーウェイトになることはありません。

ダイエットなどは日頃のちょっとだけエクササイズの積み重ねで十分可能です。

ちょっとだけエクササイズをルーティンワークに取り入れてゆっくりあせらず楽しみながら健康維持、ウェイトコントロールに励みましょう!

ダイエットに関してはこちらを覗いてみて下さい。↓
ダイエット大作戦

<<追記>>

大切な事を忘れてました。

エアロバイクを購入した時はサドルカバーは必需品です。

私は最初の頃、カバー無で漕いでいたのですがやはり長く漕ぐと辛いので購入。
装着後は快適、少なくとも1時間位はノーストレスです。それ以上はわかりませんが。

私のカバーはかなり以前に購入したものでロゴ等もついていないので残念ながらどこの製品なのかはわかりません。

私のバイクはアルインコ製のクロスバイクで大きさはW260㎜×D270㎜位なのですが、エアロバイクのサドルはスピンバイクタイプやリカルデントタイプ以外でしたらほぼこれ位の大きさなのではないでしょうか?

次のアルインコ製のカバーは大きさがW265mm×D285㎜ありますからほとんどのアップライトタイプのサドルに対応してそうです。
ALINCO(アルインコ) フィットネスバイク・自転車用 クッション サドルカバー

↑「エアロバイクでアップ:コンテンツ一覧」へ戻る

コメントの入力は終了しました。