シストレ運用システム:CatchTheWave_DayTrade_V2:スペック

↑「運用システム:コンテンツ一覧」へ戻る

概要

既存のCatchTheWave_DayTradeはトレンドが大きい局面にはそれなりに強いのですが、もみ合い局面では苦戦。

考えられる主な原因は次の2点。

・トレンド大の時の利益を最大にする目的でトレーリングストップの発動値を高めに設定している為に、天井期に出現し易い変動の大きなもみ合い相場(ローソク足のヒゲが長くなるような行って来い相場)では一旦含んだ利益をうまく確定できない事

・カウンターでエントリーする際の条件が厳しすぎた事。

ということで、次のような改良を加えました。

1.行って来い局面でもある程度利確できるように、トレーリングストップの発動値を下げました。

2.カウンターでエントリーする際の採用テクニカル指標をエンベロープのみとシンプルにし、使い方もパラメータ値も変更しました。

結果、トレンドが強い局面でのパフォーマンスはオリジナルより落ちましたが、もみ合い相場には強くなったことで局面の変化によるパフォーマンスのぶれが少なくなりオリジナルより安定感は増したかと思います。

損益曲線を比較してみても、改良版の方がより直線に近くなっていますし、最長フラット期間もかなり短縮されました。

その他のスペックはCatchTheWave_DayTradeと同様です。

↑「運用システム:コンテンツ一覧」へ戻る

タイトルとURLをコピーしました