シストレ運用システム:AfternoonTeaAttack:通算成績(年別)とパフォーマンス評価:

↑「運用システム:コンテンツ一覧」へ戻る
手数料、スリッページ控除前のマージンベースの数値です。
年度別成績については2020年7月末時点、その他の表・グラフんは2019年12月末時点

通算成績

年度別成績

年度 総損益額 利益数 損失数 引分数 勝率 PF POR 平均損益 最大DD
2012 330 55 45 6 51.89 1.26 1.03 3.11 300
2013 3515 86 63 4 56.21 1.86 1.36 22.97 340
2014 1780 73 75 5 47.71 1.48 1.52 11.63 565
2015 3175 90 69 7 54.22 1.75 1.34 19.13 395
2016 3315 96 73 4 55.49 1.85 1.40 19.16 480
2017 840 70 71 10 46.36 1.34 1.36 5.56 370
2018 3110 96 75 10 53.04 1.79 1.40 17.18 375
2019 -505 64 82 5 42.38 0.82 1.04 -3.34 1065
2020 1075 46 54 0 46.00 1.28 1.50 10.75 1010
通算 16635 676 607 70 49.96 1.55 1.39 12.29 1065

損益曲線

ドローダウン推移

パフォーマンス評価

総評

2012年~2018年

連敗が少ないせいかドローダウンが小さいので他のシステムより運用面での安定感があります。

2019年

昨年までとは全く異なる結果、年間を通して全くいいところ無しで終了。

上記、ドローダウン推移グラフを見れば一目瞭然、1年間一度も利益更新できずでした。

寄り後の動きと引け前の動きの相関性が薄い年でした。

マイナスとは言え、マージン損益は-505円と大きくなく、最大ドローダウンも更新してしまいましたが、まだ1065円なので運用は継続します。

↑「運用システム:コンテンツ一覧」へ戻る