システムトレードナビ:押さえておきたい代表的チャートパターン

↑「システムトレードナビ:コンテンツ一覧」へ戻る

株価が天井や底を打つ時もしくは保ち合い相場の値動きにはいくつかの典型的なパターンがあります。

売買タイミングを掴む為にはそのようなチャートパターンの分析は欠かせません。

と言うことでここでは代表的なチャートパターンについて触れておきます。

株価が天井を打つ時の代表的なパターン

上昇トレンドの終焉のサインとなる代表的なチャートパターンはダブルトップ型(トリプルトップ型)ヘッドアンドショルダー型です。

ダブルトップ型(トリプルトップ型)

高値をつけた株価が押し目を形成後、再上昇、前回の高値更新に挑むも売り圧力が強く下落、最終的に株価が下値支持線(ネックライン)を割り込んでいくパターンです。

上の図では二つの高値はほぼ同価格ですが、実際は2度目の高値は最初の高値よりも低い位置で抑え込まれて下落していくパターンが多いかと思います。

逆に2度目の高値の方が最初の高値よりも高い場合もあります。

最初の高値を抜いたということで買いが入ったところを見測られて売りが浴びせられ、買い方が動揺して建玉を転売、下落していくパターンです。

トリプルトップ型はダブルトップ型と同様の値動きした後、もう一度高値更新にチャレンジするも失敗、最終的に株価が下値支持線(ネックライン)を割り込んでいくパターンです。

ダブルトップ型よりも出現頻度は少なくなりますが上値の重さがより強く認識されたということでダブルトップ型よりも信頼度の高い上昇トレンド終焉のサインとなります。

ヘッドアンドショルダー型

高値をつけた後、押し目を形成、再上昇後高値更新にチャレンジ、一旦高値更新に成功しますが、下落、ネックライン近辺で反発し上昇するも最初の高値近辺で抑え込まれて下落、最終的にネックラインを割り込んでいくパターンです。

このパターンの出現もトレンド転換のサインとしてはかなり信頼度の高いものとなります

株価が底を打つ時の代表的なパターン

下降トレンドの終焉のサインとなる代表的なチャートパターンはダブルボトム型(トリプルボトム型)リバースヘッドアンドショルダー型ヘッドアンドショルダーボトム型)です。

ダブルボトム型(トリプルボトム型)

安値をつけた株価が戻り目を形成後、再下落、前回の安値更新に挑むも買い圧力が強く上昇、最終的に株価が上値抵抗線(ネックライン)を上に突き抜けていくパターンです。

トリプルボトム型はダブルボトム型と同様の動きの後、もう一度安値更新にチャレンジするも失敗、最終的に株価が上値抵抗線(ネックライン)を上に突き抜けていくパターンです。

出現頻度は少なくなりますがより底堅さが認識されたことでダブルボトム型より信頼度の高い下降トレンド終焉のサインとなります。

リバースヘッドアンドショルダー型


安値をつけた後、戻り目を形成、再下降し安値更新にチャレンジ、一旦安値更新に成功しますが、上昇、ネックライン近辺で戻され下降するも最初の安値近辺で反発され上昇、最終的にネックラインを上に突き抜けていくパターンです。
このパターンの出現もトレンド転換のサインとしてはかなり信頼度の高いものとなります

保ち合い時の代表的なパターン

株価が方向性を失った局面でよくみられるパターンです。
トレンドラインが平行なタイプとしてボックス型(レクタングル型)フラッグ型
トレンドラインが収束していくタイプとして三角形型(トライアングル型)ペナント型ウェッジ型があります。

ボックス型(レクタングル型)

上下のトレンドラインが平行かつ水平なパターンです。

フラッグ型

上下のトレンドラインが平行でトレンドラインに傾斜があるパターンです。

三角形型

上下いずれかのトレンドラインが水平でもう一方のトレンドラインが上方もしくは下方から収束していくパターンです。

サポートラインが切り上がっていく、もしくは切り下がっていくということはサポート側の圧力が強いということなので保ち合い局面に入る前のトレンド方向に動く(レジデンスラインブレイクが発生する)可能性が高いパターンです。

ペナント型

上方のトレンドラインが下向き、下方のトレンドラインが上向きで収束していくパターンです。

買い方と売り方のパワーが均衡していることを表していますから上下どちらにブレイクしていくかはなかなか推測しにくいパターンです。

ウェッジ型

上下のトレンドラインが共に上向きもしくは下向きに収束していくパターンです。
トレンドラインが向いている方向にブレイクしようと何度かチャレンジするもなかなかブレイクできないということで、最終的にはトレンドラインの方向とは逆の方向に動きやすいパターンです。

まとめ

これらのパターンを利用した売買戦略としてはブレイク方向へエントリーする方法が一般的ですが、ブレイクを抑え込むことで利益につなげようとする勢力も存在しますから、当然「騙し」に遭遇してしまうこともあります。

そのような「騙し」のリスクを極力回避したい場合は、ブレイク後すぐのエントリーは見送ることです。

取り敢えずブレイク後の押し目や戻り目の形成を待ち、ブレイクしたレジデンスラインがサポートラインとして機能するようになっているということを確認できた段階でエントリーします。

このようなエントリーはかなり信頼度の高いものになります。

株価が天井や底を打った後や保ち合い相場の終了後は株価が大きく動く可能性が高いので大利を得るビッグチャンスです。

せっかくのチャンスを逃さない為にも上記のような基本的なチャートパターンだけでもきっちり押さえてチャートリーディングに生かしていきましょう。

↑「システムトレードナビ:コンテンツ一覧」へ戻る

コメントの入力は終了しました。