システムトレードナビ:主なテクニカル指標:ボリンジャーバンド

↑「システムトレードナビ:コンテンツ一覧」へ戻る

概要

米国のJohn Bollingerが開発したテクニカル指標です。

移動平均線とその上下に標準偏差分を+-した線で構成され、相場のレンジ、トレンド、勢い等を把握しやすい指標です。

標準偏差を表す記号はギリシャ文字のσ(シグマ)がよく使われます。
標準偏差は英語でstandard divitation、頭文字をとってS、Sはギリシャ文字ではσという理由です。

統計学上では
+σと-σの範囲に株価の約68.3%
+2σと-2σの範囲に株価の約95.5%
+3σと-3σの範囲に株価の約が99.7%が入るとされていますが、戦略的にはあまり意味のない数字です。

メリットとデメリット

・視覚的に相場状況を判断しやすい。
・株価が想定した反転ポイントに達しても、反転せずにさらに大きく動いてしまうことも多い。

計算式

上方バンド = X日移動平均 + X日間の標準偏差(σ) × Y
下方バンド = X日移動平均 – X日間の標準偏差(σ) × Y
一般的にはX=25,Y=2が使用されることが多いようです。

計算式(EXCEL)

X=6,Y=2ということで説明していきます。

使用方法

・一般的には株価が+2σのラインを超えたら売り、-2σのラインを超えたら買い。但し、実際はこれでは勝てません。

・運営者のシステムでもシステムがカウンタートレードを選択した場合の売買のトリガーの一つとして採用してはいますが、それよりもエントリー条件を選択する際の局面判断指標としての役割の方が大きいかと思います。
↑「システムトレードナビ:コンテンツ一覧」へ戻る

コメントの入力は終了しました。