日経225先物ナビ:証拠金取引

↑「日経225先物ナビ:コンテンツ一覧」へ戻る

証拠金取引とは日経225先物・miniのような株式指数先物取引やFX等で採用されている取引手法で証拠金(一種の保証金)を業者に預託して、差金決済売買(差金決済とは現物の受渡しを行わずに、売りと買いの差額の授受で決済)をする取引です。

日経225先物の証拠金所要額は、
日本証券クリアリング機構(注1)がCME(注2)とライセンス契約を結びSPAN(注3)というCMEが開発した計算方法で算出したSPAN証拠金掛け目(注4)を掛け、そこからネット・オプション価値の総額(注5)を差し引いて算出されます。

日経225miniの証拠金は日経225先物の証拠金の1/10です。

例えば日経225miniを1枚買建てた場合、225先物価格が10,000円とすれば日経225miniの取引単位は100倍ですので約定代金は10,000円  × 100倍 = 100万円となり証拠金取引でなければ100万+手数料が必要ですが、証拠金取引なので証券会社や時期によって変動しますが5万位~20万位の証拠金+手数料でポジションを持つことが可能となります。

証拠金の種類(呼び方は証券会社によって異なる事があります。)には、
受入証拠金:証拠金として差し入れている現金+先物決済約定損益+オプション売約定代金-オプション買約定代金
必要証拠金:新規注文をする際に必要な証拠金
維持証拠金:保有している建玉を維持するのに必要な証拠金
等があります。

日中立会終了時点で値洗い(清算)された結果、受入証拠金が最低維持証拠金を下回ってしまった場合に追証(追加保証金)が発生します。

追証が発生した場合、建玉を維持するには一定期限(例えば翌営業日正午)までに不足分(追加保証金)を口座に入金しなければなりません。

入金できなかった場合は建玉は強制決済され損失を確定されます。

一般的に値動きが激しくなってきた場合は、 損失の拡大と証拠金の上昇が想定以上のスピードで進んでしまいます。

「追証」を発生させない為に受入証拠金には余裕を持っておくことを常に心がけておきたいものです。

(注1) 日本証券クリアリング機構のHPはこちらからどうぞ
(注2) Chicago Mercantile Exchangeの略語。シカゴマーカンタイル取引所、米国のシカゴにある先物取引所。CMEのHPはこちらからどうぞ
(注3) Standard Portfolio Analysis of Riskの略語。CMEが開発したリスクベースの証拠金計算方法。
(注4) 証券会社や時期によりそれぞれ異なります。
(注5) 買いオプションの価値の総額から、売りオプションの価値の総額を引いた額。

↑「日経225先物ナビ:コンテンツ一覧」へ戻る

タイトルとURLをコピーしました