日経225先物ナビ:アウトライン


↑「日経225先物ナビ:コンテンツ一覧」へ戻る

私が日経225先物のトレードを初めてから早いもので10年ちょっと経過しました。

以前と比べると日経225先物等のデリバティブ(金融派生商品)の認知度もかなり高くなってきましたが、関心はあるけれどもまだ先物という言葉にアレルギーを起こしてしまう方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

先物というと、
先物 -> 大豆や原油の商品取引先物 -> 危険 -> 素人が手を出してはいけないというイメージがかなり強いですからね。

私も若い頃その手の勧誘の電話を受けた時は必ず即切りでした。

しかし、先物についてある程度勉強していただければリスクマネジメントさえしっかりしていれば特にハイリスクな商品ではないということをご理解いただけるかと思います。

個別株であれ、投資信託であれ、元本保証でない商品はある意味全てリスキーです。

どの商品をターゲットにしようがハイリスクになるか否かは運用する側の問題です。

今後、株価が右肩上がりで一方的に上がり続けることはないでしょうから、「売り」から入れる商品について知っておいて損はないかと思います。

ということで日経225先物入門編ということでちょっとまとめてみました。

参考になれば幸いです。

では、ちょっとづつ日経225先物について学んでいきましょう。


日経225先物取引とは

一般的に
先物取引とは、
特定の商品を、
予め定められ期日(満期日)に、
取引時点での約定価格(先物価格)で売買すること
売買当事者間
で契約する取引のことです。

日経225先物取引の場合は
日経平均株価(日経225)を原資産とする株価指数(最終決済月(「限月」と呼ばれる)が異なる商品が複数有)を
対象商品の最終決済月(限月)の第2金曜日(休日の場合はその前日)に
取引時点での約定価格と満期日に算出された特別清算指数(SQ値)とで差金決済すること
売買当事者間
で契約する取引ということになります。

日経225先物取引は契約時に少額の証拠金を担保として差し入れれば取引が可能な証拠金取引です。

少ない資金で大きな額の資産の取引ができるレバレッジ効果を有することが大きな特徴の一つとなっています。

少ない資金で大きな資産の取引ができるということは少ない資金で大きな利益を上げられる可能性もある反面、大きな損失を被る可能性もあるわけです。

そこがハイリスクハイリターン商品と言われる所以ですが、逆に言えば、レバレッジを掛けなければ現物株取引と同程度のリスクの取引も可能ということになります。

証拠金取引とレバレッジについての詳細は別稿でアップしています。

取引例

取引時点よりも満期日時点の方が日経平均株価が高くなると判断した場合は、買い(「買建てる」、「ロングポジションを持つ」と表現される)から入ります。
結果、SQ値が約定価格を上回っていれば利益、下回っていれば損失となります。

逆に

取引時点よりも満期日時点の方が日経平均株価が低くなると判断した場合は、売り(「売建てる」、「ショートポジションを持つ」と表現される)から入り、結果、SQ値が約定価格を下回っていれば利益、上回っていれば損失です。

但し、満期日前でも反対売買(買い手の場合は「転売」、売り手の場合は「買戻」)によって契約を終了し損益を確定することはできますし、実際の取引では反対売買による決済がほとんどです。

日経225先物(ラージ)と日経225mini(ミニ)

1988年9月3日に日経225先物取引が開始され、その後、2007年7月18日に個人投資家向けの商品として日経225miniの取引が開始されました。

日経225mini日経225先物10分の1に小口化した株価指数先物です。

日経225先物はラージ、日経225miniはミニとも呼ばれています。

日経平均株価指数が原資であることは同じですが、日経225先物と日経225miniとではいくつか相違点があります。

取引単位と取引額

(1)日経225先物(ラージ)の場合

日経平均株価指数の1000倍(1枚)が最低取引単位です。
日経平均株価指数が15,000円であったならば取引額は 15,000円 × 1,000倍 = 1,500万円となります。

(2)日経225mini(ミニ)の場合

日経平均株価指数の100倍(1枚)が最低取引単位です。
日経平均株価指数が15,000円であったならば取引額は 15,000円 × 100倍 = 150万円となります。

証拠金

日経225mini(ミニ)の証拠金は日経225先物(ラージ)の1/10です。

呼値

呼び値とは売買注文する際の価格の刻み値のことで、
日経225先物(ラージ)の場合は10円、
日経225mini(ミニ)の場合は5円です。

ということで呼値当たりの損益額は、
日経225先物(ラージ)の場合は10円 × 1,000倍 = 10,000円
日経225mini(ミニ)の場合は5円 × 100倍 = 500円
となります。

↑「日経225先物ナビ:コンテンツ一覧」へ戻る