日経225先物ナビ:レバレッジ

↑「日経225先物ナビ:コンテンツ一覧」へ戻る

レバレッジ(Leverage)のもともとの意味は「てこの作用」です。

少さな力で大きな物を動かす、つまり投資の世界では手持ち資金よりも大きな金額の物を動かすという意味で使用されます。

仮に日経225先物ミニを10,000円で1枚買建て、又は売建てた場合、ミニの取引単位は100倍ですので100万円の取引をした事になります。

ミニ1枚の取引に必要な証拠金を10万円。
日経225先物に投資できる余裕金がMAXで10万円、その全額を受入証拠金に振り替えたという前提にします。
(以降、手数料については考量せずに説明します。)

その場合のレバレッジ倍率はは100万円(取引額) ÷ 10万円(受入証拠金) = 10倍です。

10万で10倍の100万円の商品を扱うことができるわけです。
このレバレッジ効果が証拠金取引の大きな魅力の一つとなっています。

仮に1トレードで500円のマージンを取れたとすれば
10万の自己資金で500円 × 100倍 = 5万の利益を得られるわけで、一挙に資金は1.5倍に膨れ上がります。

但し、当然、逆もありうるわけで、
500円の損を出して決済したとすれば受入証拠金は半額の5万円になってしまいます。
必要証拠金は10万円で、余裕金はもうないという前提ですから、これではもう次の取引の参加資格はなくなります。

価格変動が激しい局面では1日で500円以上動く時もあるので、参戦即撤退ということになりかねません。
実際にはその前にロスカットするでしょうから一度に500円やられることはないと思いますが、ロスカットした時点で撤退決定。
というか、この受入証拠金では1円でも損が出てしまうと取引の参加資格はなくなり撤退ということになりますが。

これではハイリターン、ハイリスク、運用方法に無理があります。

では、どの程度の余裕資金を作ってから参戦すればいいのかをちょっと検証してみます。

そこで仮に余裕金をさらに貯めて20万にしてから参戦、20万を受入証拠金にして、ミニ1枚をホールドしたとします。
その場合、ミニ1枚ホールドしても余裕資金が10万残る状態です。
結果、実質的なレバレッジ倍率は100万円÷20万円=4倍に低下しますが、
仮に最悪5万を一挙に失っても5万 ÷ 20万 = 25%のロスで済みます。
受入証拠金は15万残っていますから、まだ次回参戦できます。
受入証拠金が30万での参戦であればレバレッジ倍率3.3倍でロスは約17%、50万ではレバレッジ倍率2倍でロスは10%です。

先物価格と必要証拠金は刻々と変動していきますしトレーダーの力量によっても当然変わってきますから一概には言えませんが、概ねレバレッジ倍率は2~3倍程度に押さえておいた方が無難です。

追証等を気にせずにトレードするのであれば、少なくとも余裕金が30万円程度になってから参戦するのがベターかと思います。
ラージで参戦すのであればその10倍ですから300万程度ということになりますね。

私のシステムトレードでも、1回当たりの投資額は受入証拠金の25~30%にしています。

市場から撤退させられない為にはレバレッジは諸刃の剣であることを肝に銘じてしっかりとした資金管理を心掛けていくことが肝要です。

↑「日経225先物ナビ:コンテンツ一覧」へ戻る